中古複合機の魅力は価格にあり


複合機というものには、コピー機能、ファックス機能、プリンター機能、そしてスキャナー機能が備わっています。1台で全ての機能を利用出来るため、省スペースで利用出来るという利点がありますが、1つの機能が故障すると修理に出すため他の機能を利用出来なくなったり、1つの機能が利用されている間は他の機能が利用出来ないなどのデメリットはあります。しかし、オフィスレイアウトを考えたりする上ではとての重宝するOA機器でもあるのです。

複合機は新品で導入する場合、買い上げての導入ではなく、リースで導入するケースが多いものです。また、中古複合機を導入するという場合もあります。中古複合機のメリットは何と言ってもその価格です。新品の価格の半分以下の値段で購入出来るわけです。新品の複合機はリース契約期間が終了し、買い上げとならなければ会社の財産にはなりませんが、中古複合機であれば最初から財産として導入する事が出来るという魅力もあります。

中古複合機を導入する場合に気をつけなければならないことは、保守体制です。価格が安いからと保守を考えずに導入すると、故障をしたりした時に高額な修理費用が掛かってしまったり、出張修理における費用、トナーカートリッジやドラムカートリッジなどの交換における費用などコストが掛かるという結果になります。そのため、中古複合機を導入する場合は必ず保守の事を考慮する必要がありますし、保守契約を結べるお店で購入しなければなりません。