中古複合機」カテゴリーアーカイブ

中古複合機を導入するなら価格と機能で選択

中古複合機を導入する時、価格で中古複合機を選ぶと言う場合は、モノクロ複合機にするのか、それともカラー複合機にするのかによりグレードが代わります。カラー複合機よりもモノクロ複合機の方が安いと言う事は常識の中にありますが、もし同じ値段であれば性能的にはモノクロ複合機の方が良いと言うことなのです。例えば、カラー複合機100万円、モノクロ複合機100万円といった場合は当然モノクロ複合機の方が性能は良いはずです。

また、カラー中古複合機を導入すればトナーカートリッジなどの消耗品がモノクロのものよりもコストがかかりますし、間違えて大量にカラーで印刷をしてしまえばコストも掛かってしまいます。しかし、モノクロであればトナーカートリッジは黒一色ですし、カラーによるミスプリントも無いわけですから無駄なコストが掛からないというメリットもあります。更に先ほど記述をしたように同じ価格であればモノクロの方が性能が良いわけですからランニングコストも抑える事が可能となるのです。

どうしてもカラーでなければ仕事が出来ないと言う場合はカラー複合機を導入しなければなりませんが、カラーは特別利用しないとか、既にカラー複合機は導入してあると言う場合であれば、あえて高い費用を出してまでカラー複合機にする必要はないわけです。複合機にはファックスやコピー、プリンター、スキャナーと言った機能がありますが、これら全てが付いているものや、スキャナーが無い機種もありますので、価格よりも機能面を重視する事も大切なのです。

中古複合機の価格と選び方

オフィスでパソコンを使うことが当たり前になった今、コピー、ファックス、プリンタ、スキャナーが一体となった複合機は、オフィスでは必要不可欠な存在となりました。カラーやモノクロなど機能に差があるものもありますが、高機能なものですと、ファックスをPDF形式でデータとして保存でき、パソコン上で見ることができる機能が搭載されているものもあります。ちょっとしたデーターサーバーの様な使い方ができる複合機もあるのです。

高機能な複合機ともなると、どうしても価格が気になるところです。そんな方には、中古複合機が非常に安価で流通していますので、それを利用しない手はありません。価格も、もちろん機能などによって幅はありますが、年式の古いものでしたら、定価の90%オフの商品も存在します。中古複合機と言っても、使い古したものをそのまま持ってくるのではなく、クリーニング、メンテナンスを行なってから商品となるので、安心して購入することができます。

多機能な複合機ですが、実際にどの機能を必要とするか、どの機能が要らないのか、ということをしっかりと選別して機種を選びましょう。不要な機能が搭載されていて、それだけ価格が高くなってしまっては、せっかく安価な中古複合機を選んでいるのに意味がありません。価格の安いものはどうしても出力のスピードも遅くなります。また、カラーでの出力は必要かどうか。実際の業務と照らし合わせて、差し支えがあるかどうかを検討しましょう。

中古複合機の低価格に驚きました

仕事場で複合機が必要になり、中古複合機を購入したのですが、価格が想像以上に安くて驚きました。考えてみれば家庭で使用しているプリンタもかなり安くなっているので、当然オフィス向けも安くなっていてしかるべきでした。しかし、オフィスで使用するコピー機やプリンタは、大企業であれば今でもリースを活用しているのでしょうが、これほど値段が安くなると、弊社のような零細企業ではリースでなく中古を安く購入するほうが良いと思います。

おそらく、今後もオフィス機器の低価格化は進行するでしょうから、今後はリース一択の状況から、中古市場の活性化につながっていくものと思われます。中古複合機でも、現状はかなり新しく性能が良い物が出回っているので、使用にあたっては全く問題ありません。製品の性能は上がり続け、価格はどんどん安くなるという流れでは、メーカーにしてみれば利益が圧迫されて、ましてや中古市場が活発になると、メーカーにはお金がますます入らなくなるということで厳しいかもしれませんが、消費者の立場としては少しでも安くコストを抑えたいのが正直なところです。

これまでは、サポートの有無を考えて、多少割高でもリースを選択していましたが、これだけ性能が上がると、中古を割安で購入しても実際のデメリットはほとんど感じません。別の事務所でも次回のリース契約は見送って、中古複合機でしばらく様子を見てみようと思います。もちろん、環境の急激な変化に対応するにはリースの方が良いのでしょうが、幸い弊社の業績は好調なので、とりあえず短期的なコストの削減の方に重きを置いて経営判断していきたいと思います。

中古複合機の魅力は価格にあり

複合機というものには、コピー機能、ファックス機能、プリンター機能、そしてスキャナー機能が備わっています。1台で全ての機能を利用出来るため、省スペースで利用出来るという利点がありますが、1つの機能が故障すると修理に出すため他の機能を利用出来なくなったり、1つの機能が利用されている間は他の機能が利用出来ないなどのデメリットはあります。しかし、オフィスレイアウトを考えたりする上ではとての重宝するOA機器でもあるのです。

複合機は新品で導入する場合、買い上げての導入ではなく、リースで導入するケースが多いものです。また、中古複合機を導入するという場合もあります。中古複合機のメリットは何と言ってもその価格です。新品の価格の半分以下の値段で購入出来るわけです。新品の複合機はリース契約期間が終了し、買い上げとならなければ会社の財産にはなりませんが、中古複合機であれば最初から財産として導入する事が出来るという魅力もあります。

中古複合機を導入する場合に気をつけなければならないことは、保守体制です。価格が安いからと保守を考えずに導入すると、故障をしたりした時に高額な修理費用が掛かってしまったり、出張修理における費用、トナーカートリッジやドラムカートリッジなどの交換における費用などコストが掛かるという結果になります。そのため、中古複合機を導入する場合は必ず保守の事を考慮する必要がありますし、保守契約を結べるお店で購入しなければなりません。