中古コピー機の価格と購入

仕事でも様々な業種があり、業種によって使用される道具の違いもあります。仕事では書類を利用されることは多く、種類内容によっては重要な内容の文書などもあると思います。企業によっては会議や連絡の方法で書類を使用されることが多く、社員の数が多くみえる企業では多くの書類が必要となり、コピーなどの処理だけでも多くの時間がかかる作業となります。書類を作成される場合にはコピーにて印刷をされることが多く、多くの企業で行われていると思います。

書類の作成ではコピー機を利用されることが多く、企業によってはコピー機を所有されていると思います。コピー機は様々なメーカーより販売をされており、機能でも満足できる商品が多くあります。コピー機の価格は機能やメーカーによって様々ありますが、高い商品も多くあるので購入される予算なども迷われる事は多いと思います。コピー機でも新品ではなく中古コピー機を選ばれる事で価格も安く購入することが出来、様々な商品から選ぶ事ができます。

中古コピー機の利点は価格が安いところであり、通常の価格と比較してもお得に購入することが出来ます。中古コピー機を扱われている企業も多くあり、様々な商品を扱われています。状態も良い商品が多く、メンテナンスもされており細かい動作確認をされているので安心して利用することが出来ます。扱われている商品の中には新品同様の新商品を扱われている事もあり、満足できる商品も見つけることも出来ます。コピー機を探されている人は中古コピー機を検討されることで価格も安く良い商品を見つけることも出来ると思います。

中古複合機の低価格に驚きました

仕事場で複合機が必要になり、中古複合機を購入したのですが、価格が想像以上に安くて驚きました。考えてみれば家庭で使用しているプリンタもかなり安くなっているので、当然オフィス向けも安くなっていてしかるべきでした。しかし、オフィスで使用するコピー機やプリンタは、大企業であれば今でもリースを活用しているのでしょうが、これほど値段が安くなると、弊社のような零細企業ではリースでなく中古を安く購入するほうが良いと思います。

おそらく、今後もオフィス機器の低価格化は進行するでしょうから、今後はリース一択の状況から、中古市場の活性化につながっていくものと思われます。中古複合機でも、現状はかなり新しく性能が良い物が出回っているので、使用にあたっては全く問題ありません。製品の性能は上がり続け、価格はどんどん安くなるという流れでは、メーカーにしてみれば利益が圧迫されて、ましてや中古市場が活発になると、メーカーにはお金がますます入らなくなるということで厳しいかもしれませんが、消費者の立場としては少しでも安くコストを抑えたいのが正直なところです。

これまでは、サポートの有無を考えて、多少割高でもリースを選択していましたが、これだけ性能が上がると、中古を割安で購入しても実際のデメリットはほとんど感じません。別の事務所でも次回のリース契約は見送って、中古複合機でしばらく様子を見てみようと思います。もちろん、環境の急激な変化に対応するにはリースの方が良いのでしょうが、幸い弊社の業績は好調なので、とりあえず短期的なコストの削減の方に重きを置いて経営判断していきたいと思います。

中古複合機の魅力は価格にあり

複合機というものには、コピー機能、ファックス機能、プリンター機能、そしてスキャナー機能が備わっています。1台で全ての機能を利用出来るため、省スペースで利用出来るという利点がありますが、1つの機能が故障すると修理に出すため他の機能を利用出来なくなったり、1つの機能が利用されている間は他の機能が利用出来ないなどのデメリットはあります。しかし、オフィスレイアウトを考えたりする上ではとての重宝するOA機器でもあるのです。

複合機は新品で導入する場合、買い上げての導入ではなく、リースで導入するケースが多いものです。また、中古複合機を導入するという場合もあります。中古複合機のメリットは何と言ってもその価格です。新品の価格の半分以下の値段で購入出来るわけです。新品の複合機はリース契約期間が終了し、買い上げとならなければ会社の財産にはなりませんが、中古複合機であれば最初から財産として導入する事が出来るという魅力もあります。

中古複合機を導入する場合に気をつけなければならないことは、保守体制です。価格が安いからと保守を考えずに導入すると、故障をしたりした時に高額な修理費用が掛かってしまったり、出張修理における費用、トナーカートリッジやドラムカートリッジなどの交換における費用などコストが掛かるという結果になります。そのため、中古複合機を導入する場合は必ず保守の事を考慮する必要がありますし、保守契約を結べるお店で購入しなければなりません。