印刷通販のメリット・デメリットまとめ

印刷通販のメリット・デメリットについて
 あらゆる業界にWeb化が進み、印刷業界にも及んできています。最近は印刷通販が拡大し、名刺もチラシもWebで入稿して制作発注を依頼するという形ができています。ワンストップでできるので、コストメリットもできます。では印刷通販は何が魅力で、逆に何が問題か、そのメリットデメリットを整理したいと思います。

印刷通販のメリット
 まず、根本的には営業マンがリアルにいちいち動く必要性がほとんど無くなるため、小さなロットでも大きくコストが下がります。
 また、納期を急がないことで、作業や機械を平準化できるためコストが下がります。納期に余裕を見ることでコストメリットがかなり大きくなると言えます。
 さらに、品質や価格はWebで公開されており、競争原理も働くので、非常に公正かつ安価になっていきます。営業マンで毎回見積りを取る場合と比較すると、正直ブラックボックスで、競争原理も働きにくく、相見積をとる手間も発生します。
 最後に、担当の営業マンに予定を合わせる必要がなく、いつでもWebで申込、入稿可能です。顧客側のペースで全てが回るのでメリットと言えます。

印刷通販のデメリット
 印刷通販の最大のデメリットは、メリットの裏返しですが、営業マンのサポートが無いということです。初回の申込や、複雑な要望に関しては、自分で全て解決することになるので、大きな労力と時間がかかります。
 また、ある程度パッケージ化されているため、細かい色合せや、デザインの微妙な感覚はある程度カットが必要です。色や素材のバリュエーションも少ないのもデメリットといえます。

メリット・デメリットまとめ
 まとめると、印刷通販はある程度のパッケージ化、大量かつ余裕のある場合には非常にコストメリットと時間的ロスを削減できます。多くの場合はメリットが出ると思います。
 逆に、デザイン重視かつ細かい要望があったり、詳しくない場合は、従来型の営業担当にお願いするほうが良いでしょう。

会社の経費削減なら中古コピー機の価格を忘れずに調べましょう。

良い会社とは、無駄な経費を使わずに良い人材を育て続ける会社ではないでしょうか。無駄な経費を使わないために消耗品の買い替えの時期には、中古コピー機の価格を調べてみて下さい。中古コピー機を導入することにより、コピー機導入の価格は、低く抑えられることは間違いありません。また、中古コピー機を使用することにより、御社の大切な社員に物を大切にする気持ちを養わせることが出来ると思います。社員教育と備品教育が出来ます。

会社の備品に無駄な経費を使わないために、中古コピー機の価格を調べる。経費削減策の第一歩は中古コピー機の価格を調査することから始めましょう。インターネットで検索をしたり、業者に電話をしたり、なるべく数多くの会社から見積もりをもらって比較することを忘れないで下さい。この作業を怠るとせっかく経費を削減するために頑張っているのが無駄になります。経費削減対策チームなどを一時的に作り一丸となって行うのも良いでしょう。

中古コピー機の価格を調べて、一番良いコピー機を導入することが出来れば御社の大切な社員の絆も深まりより良い仕事をする集団になることと思います。会社のためにより良いコピー機を少しでも安く買う努力を社員一丸で進めることにより、今後の業績も右肩上がりに登って行く事でしょう。社員が会社のために、会社が社員のために尽くすことがより良い会社と社員のあり方だと思います。御社も中古コピー機を導入して社員の意気込みに期待しましょう。

中古コピー機の価格を調べてから購入

始めて会社を立ち上げたり、事務所を構えた時にコピー機って必要になりますよね。しかしコピー機は新品でこうにゅうするとかなりの値段がします。そこで中古コピー機を探してみましょう。中古だからといって決して状態が悪い物ではなく、型落ちした物や、お店の展示品だった物が多くあり、状態は新品と何も変らないという物がほとんどです。パソコンが普及した現在、コピー機は必ず必要になるので、購入しましょう。プリンターで印刷していては間に合わないです。

中古コピー機を探すときにインターネットを利用すると便利です。価格を直ぐに調べる事ができ、どのようなコピー機が現在中古で購入出来るのかを簡単に調べる事が出来ます。本当に便利になりましたよね。スマートフォンを使用すれば外出先や、電車の中、喫茶店などでもインターネットが利用出来るので、時間の節約にも繋がります。価格を安い順番に、価格高い順番に、人気の順番になどの並び替えも上手に活用しましょう。欲しい中古コピー機がきっと見つかります。

どのようなコピー機が良いのか迷った時には口コミサイトなどを利用してみましょう。どのような用途に向いている機種なのか、実際の使用感はどのような感じなのか。体験者の意見が多くのっているのでとても参考になります。そして実際に中古コピー機を購入したら口コミサイトなどに意見を投稿してみましょう。きっと他の人の役に立ちます。新しく事務所を構える時、企業する時は初期費用がかなり多くなるので、削れる部分は出来るだけ削りましょう。

中古複合機を導入するなら価格と機能で選択

中古複合機を導入する時、価格で中古複合機を選ぶと言う場合は、モノクロ複合機にするのか、それともカラー複合機にするのかによりグレードが代わります。カラー複合機よりもモノクロ複合機の方が安いと言う事は常識の中にありますが、もし同じ値段であれば性能的にはモノクロ複合機の方が良いと言うことなのです。例えば、カラー複合機100万円、モノクロ複合機100万円といった場合は当然モノクロ複合機の方が性能は良いはずです。

また、カラー中古複合機を導入すればトナーカートリッジなどの消耗品がモノクロのものよりもコストがかかりますし、間違えて大量にカラーで印刷をしてしまえばコストも掛かってしまいます。しかし、モノクロであればトナーカートリッジは黒一色ですし、カラーによるミスプリントも無いわけですから無駄なコストが掛からないというメリットもあります。更に先ほど記述をしたように同じ価格であればモノクロの方が性能が良いわけですからランニングコストも抑える事が可能となるのです。

どうしてもカラーでなければ仕事が出来ないと言う場合はカラー複合機を導入しなければなりませんが、カラーは特別利用しないとか、既にカラー複合機は導入してあると言う場合であれば、あえて高い費用を出してまでカラー複合機にする必要はないわけです。複合機にはファックスやコピー、プリンター、スキャナーと言った機能がありますが、これら全てが付いているものや、スキャナーが無い機種もありますので、価格よりも機能面を重視する事も大切なのです。

中古複合機の価格と選び方

オフィスでパソコンを使うことが当たり前になった今、コピー、ファックス、プリンタ、スキャナーが一体となった複合機は、オフィスでは必要不可欠な存在となりました。カラーやモノクロなど機能に差があるものもありますが、高機能なものですと、ファックスをPDF形式でデータとして保存でき、パソコン上で見ることができる機能が搭載されているものもあります。ちょっとしたデーターサーバーの様な使い方ができる複合機もあるのです。

高機能な複合機ともなると、どうしても価格が気になるところです。そんな方には、中古複合機が非常に安価で流通していますので、それを利用しない手はありません。価格も、もちろん機能などによって幅はありますが、年式の古いものでしたら、定価の90%オフの商品も存在します。中古複合機と言っても、使い古したものをそのまま持ってくるのではなく、クリーニング、メンテナンスを行なってから商品となるので、安心して購入することができます。

多機能な複合機ですが、実際にどの機能を必要とするか、どの機能が要らないのか、ということをしっかりと選別して機種を選びましょう。不要な機能が搭載されていて、それだけ価格が高くなってしまっては、せっかく安価な中古複合機を選んでいるのに意味がありません。価格の安いものはどうしても出力のスピードも遅くなります。また、カラーでの出力は必要かどうか。実際の業務と照らし合わせて、差し支えがあるかどうかを検討しましょう。